FX自動売買によるほったらかし投資で50代セミリタイアを目指すブログ ~40代サラリーマンが投資で給料以外の収入アップ~

ほったらかし投資の実践記。ほったらかし投資による副収入の利益から、さらに利益を生み出す仕組みで手間をかけずに資産形成を目指します。

FX(外国為替証拠金取引)とはどういったものか?

スポンサーリンク

ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

自分の勉強の意味でも、外国為替証拠金取引いわゆるFXについて書いていきます。

外国為替証拠金取引(通称FX)について、その言葉は知っていると思いますが、

内容については、あんまり理解していない人がいるかも知れません。

 

インターネットや雑誌・CMや新聞広告などで、簡単に稼げるという

甘い(?)誘惑に誘われてFXを始めようとしている方の場合、

その中身まで完全に理解している可能性よりも理解していない

可能性の方が高いかと思います。

 

確かに、やり方さえ間違わなければ、コンスタントに稼げる場合も

ありますが、やり方を間違えれば大きく負ける可能性もあります。

ある意味では、FXはハイリスク・ハイリターンになりえます。


また、やり方によってはリスクを低くする事も可能ですが、

ローリスクではローリターンになる可能性が高いので、

どちらが自分には良いのか?あとは自分自身で決めるしかありません。

 

そうは言っても、FXの独自な専門用語やトレードの仕組みなどを

理解していないと何も始まらないので、外国為替証拠金取引(FX)

について、少しずつ書いていきます。

 

まず外国為替証拠金取引(FX)の仕組みです。

外国為替証拠金取引(以下FX)ですが、各FX取引会社によって、

その仕組みは微妙に異なっていますが、小資金からでも、

その数倍や数十倍のお金を動かす事ができる(レバレッジをかける)

といった基本的な部分は変わりません。

という事は、トレードがうまく行けば、大きな利益を稼ぐ事ができます。

反対に負けた場合には、大きな損失を被ることもあります。

ここが、FXのメリットでもありデメリット(リスク)になります。

 

また、この外国為替ですが、異なる2種類の通貨を交換する事になり、

簡単に言えば1つの通貨、例えば日本円を買うと同時に米ドルを売る、

米ドルを買うと同時に日本円を売るという取引形態になります。

そして、この2種類の通貨を交換する時の交換比率(レート)を

よく外貨の両替の際に聞く、為替レートと呼びます。

例えば、米ドル円の場合では、1ドル=120円というように、

日本円で米ドル1ドルを買う場合に必要な金額=120円の事を

為替レートと呼びます。

つまりFXでは、この各通貨の為替レートを為替チャートという

ツールを使って動きを読み、ある通貨を安い為替レートで

買って高くなったら売れば利益が出る仕組みになっています。

株式投資や、せどりなどもそうですよね。


単純に言えば、米ドル円が100円の時に買って120円の時に売った場合、

120円-100円=20円分が利益になります。

こういったトレードを繰り返していけば、利益が積み重なって

稼げるようになっていきます。

 

ただし、百戦錬磨の方たちがいる為替市場で、

素人が簡単に何度も連続で勝てる程、甘くはありません。

最近では、自分もトルコリラで大きく負けました。

負け続ける事もある中、どう対処すればいいのかなど、

知っておいた方がいいことは、たくさんあります。

少しずつ稼ぐために必要な事について書いていこうと思います。

  

読んでいただき、ありがとうございました。

 

iサイクルの口座開設はこちら

お問合せいただき、ご案内の方法で口座開設していただければ

設定をお教えします。

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

ちなみに私は、下記の有料メルマガで色々学んでいます。

FX以外のことも書いてあり、価格以上に充実しています。

 

新イーグル・フライ

 

最後にポチッとしていただけるとありがたいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


40代サラリーマンランキング

 読者になっていただき、ありがとうございます(^人^)感謝♪

励みになっています!