FX自動売買によるほったらかし投資で50代セミリタイアを目指すブログ ~40代サラリーマンが投資で給料以外の収入アップ~

ほったらかし投資の実践記。ほったらかし投資による副収入の利益から、さらに利益を生み出す仕組みで手間をかけずに資産形成を目指します。

FX(外国為替証拠金取引)における証拠金とレバレッジについて

スポンサーリンク

 

ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

FXでポイントになる証拠金とレバレッジ について書いていこうと思います。 

FXでは、取引するうえで証拠金を入れる必要があります。

FXは、別名で外国為替証拠金取引と呼ばれていて、

また外国為替とは異なる2種類の通貨を交換する事ですが、

証拠金取引という文言の意味が分からない方もいると思います。

 

証拠金って何らかのお金の事だとは思いますが、

証拠って、いったい何の証拠なのか?

ここが意味が分からないという方は多いかと思います。

FXではこの証拠金の意味を分かっていないと

色々と不便になってしまいます。

そこで、FXにおける証拠金の意味について説明します。

 

FXにおける証拠金の意味

外国為替証拠金取引(FX会社によっては保証金取引と呼ばれています)とは、

トレードを行う上での担保として、FX会社に一定の証拠金(保証金)を預けることで、

その何倍、何十倍もの取引を行う事を言います。

つまり外国為替取引を少ない証拠金(保証金)だけで、

大きな取引する事ができるという仕組みになっています。

 

具体的には、米ドル円が1ドル100円の時に、証拠金10万円で2万ドル買ったとします。

(レバレッジ20倍で200万円相当)

この場合、実際には証拠金が、たった10万円しかないのに

200万円相当の取引が可能になっていますが、

これが少ない証拠金でも取引できるFXの魅力になります。

 

次にもう1つのポイントであるレバレッジについてですが、

このレバレッジも重要な専門用語の1つになります。

このレバレッジとは、簡単に言えばテコの原理と同じ意味です。

テコの原理とは、大きなものをちょっとの力で動かす事ができる

という意味になりますが、同じことがFXでもできます。


例えば、先程の例で言うと10万円の証拠金で

米ドル円を1ドル100円の時に2万ドル買っていますので、

本来であれば2万ドル×100円=200万円が必要になります。

ただ、この例だと証拠金が10万円しかありませんので、

200万÷10万=20、つまりレバレッジは20倍になります。

手持ち資金の20倍の取引をしてますよということになります。


しかし実際にはFX会社に証拠金を10万円しか預けていませんので、

将来的にお金を返すため、一時的に2万ドルの円貨=200万円を借りてきます。

この借りてきたお金で支払って2万ドルを買い、買った2万ドルをFX会社へ預けます。

しかし実際には2万ドルを買う以外に、このようなやり取りは行われていません。

FXでは日本円で10万円を持っていれば、そのお金を証拠金(保証金)として

10倍や20倍もの取引ができることになります。

少ない資金のわりに稼げるのは、こういった仕組みがあるからになります。


ちなみに現在では、個人取引のレバレッジは、法律で最大25倍に制限されています。

最大25倍までのレバレッジをかけることができますが、

FX会社によっては最大レバレッジが異なっていることがあります。

なので最大レバレッジについては、確認することをお勧めします。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

私がやっているiサイクルの口座開設はこちら

お問合せいただき、ご案内の方法で口座開設していただければ

設定をお教えします。

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

ちなみに私は、下記の有料メルマガで色々学んでいます。

FX以外のことも書いてあり、価格以上に充実しています。

 

新イーグル・フライ

 

最後にポチッとしていただけるとありがたいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


40代サラリーマンランキング

 読者になっていただき、ありがとうございます(^人^)感謝♪

励みになっています!