FX自動売買によるほったらかし投資で50代セミリタイアを目指すブログ ~40代サラリーマンが投資で給料以外の収入アップ~

ほったらかし投資の実践記。ほったらかし投資による副収入の利益から、さらに利益を生み出す仕組みで手間をかけずに資産形成を目指します。

FX(外国為替証拠金取引)は損失許容量を決めておくことがポイント

スポンサーリンク

 ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

現在、FXでは金融庁の引き締めにより、個人がFXを行う場合には

最大レバレッジが25倍となっており、

以前より、はるかにリスクは低くなってはいます。

しかし、レバレッジ25倍であっても、使い方によっては、

大きな損失を出してしまう可能性があります。


確かに、FXは少ない資金でもレバレッジを高める事によって、

多額の取引が可能になり、結果として大きな利益を上げる事が

できるのが魅力の一つでもあります。

しかしそれは、レバレッジというFX最大の武器を

正しく使いこなしているトレーダーだけができるのであって、

レバレッジの使い方を誤っているとその逆になる可能性が非常に高くなります。

特にFX初心者は、最初からレバレッジ25倍で取引をすると損失を出す可能性が

高くなります。

 

FXでは、自分の損失許容量を知るということが重要なポイントです。

エントリー後の為替レートの動きに対して、自分がどれくらいの損失まで

許容(許せる)できるのかという事になります。

この損失許容量を抑えておけば、仮に為替レートが反対方向に動こう(損失)が、

気にならなくなります。

結果としてストップに引っ掛かった場合でも、それは損失許容量の範囲内ですので

何も心配する必要がありません。


ちなみに、この損失許容量ですが、トレードする人によって違います。

たとえば1回のトレードで、1万円までなら許す。

資金量の1%までなら許すなどなどです。


逆に、損失許容量を把握していないと精神的に安定していないために、

多少の下落でも焦ってしまい、結果として、その後得られたかもしれない

利益を逃してしまうことになります。

為替レートは一直線に上昇、または下落するものではなく、

途中に調整を挟みながら上昇や下落を繰り返します。

この途中の動きに一喜一憂してしまうと、買ったはいいが損切り、

売ったはいいが損切りなど、安定しないトレードになってしまい、

自分の大切な資金が、相場の肥やしになります。

ですので、トレードする際には事前に必ず損失許容量を決めたうえで

じっくり行う必要があります。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

私がやっているiサイクルの口座開設はこちら

お問合せいただき、ご案内の方法で口座開設していただければ

設定をお教えします。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

ちなみに私は、下記の有料メルマガで色々学んでいます。

FX以外のことも書いてあり、価格以上に充実しています。

新イーグル・フライ

FX自動売買するなら、読んでおいて、決して損はないメルマガです!

 

最後にポチッとしていただけるとありがたいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


40代サラリーマンランキング

 読者になっていただき、ありがとうございます(^人^)感謝♪

励みになっています!